日々是コント

アクセスカウンタ

zoom RSS 鳥取県民の証

<<   作成日時 : 2010/07/27 22:03   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 5

本日のランチでの出来事。

ふとしたことで、茶碗蒸しの話題に。

コトの発端は大阪出身の課長が「茶碗蒸しにうどんが入っている」とか言い出したことで。

周囲:「え?うどん?」

私:「あ、うどん入りもありますよねー」

周囲:「え?ないでしょ?うどんだよ?」

課長・私:「あるあるー」

私:「でもうどんより春雨の方が多いですよー」

周囲:「はぁ?もっとないわ!」

私:「いやいや、うどんより春雨でしょ」

周囲:「だってどうやって食べるの?」

私:「え、いや普通に箸でチュルルって・・・」

周囲:「箸!茶碗蒸しに箸!?」






特別不審にも思ってなかったんだけど。

こっちに来て、茶碗蒸しとかを食べるときに。

スプーンがついてるのがちょっとした疑問だったんです。

まぁ、お上品だこと。。。程度にしか思ってなかったんです。

自分的には茶碗蒸しをスプーンで食べる習慣がなかったもんで。

それもそのはず、だって春雨入ってんだもん。

最後にチュルルってやるには箸が必要でしょ?

それが今、なぜにこんなに非難されているのか・・・

クラッパ!家オリジナルなのかい?






事務所に帰って早速検索。

「茶碗蒸し うどん」で検索したところ。

「苧環(おだまき)蒸し」という名がヒット。

どうやら大阪の船場あたりでよく食べられていた豪華な料理のようです。

へぇ〜。

課長「ほら見てみ!高級やねん」

なーるー。

さすが大阪人。






続いて、「茶碗蒸し 春雨」で検索。

おそるおそる検索。

するとヒットしたのはいつぞやかの県民ショーネタ。

「鳥取県西部で茶碗蒸しのかさを増やすために春雨を入れたのが始まりと言われ、

今では春雨を入れるのが常識になっているという。」

ですってよ!!

すごいへん?これ!!

もう事務所内大騒ぎですよ。

「わーすげー!」

「ほんとなんだー!」

「しかも西部のみってのがすごいっ!!」

いやー自分自身かなり驚きました。

てっきり家庭独自と思っていたもんで。

ウチも普通の鳥取西部の一家庭だったってことよね。

鳥取県民のメンツを保ちました(笑)。






しかし後輩が一言。

「でも、かさ増しのためって書いてありますよ」

ちーん。。。

後輩よ、、、そんなオチはいらんのだよ。







結局、高級料理だったうどん入りを食べていた課長に、

「へへーん、貧困食だ、貧困食♪」と笑いのネタにされて終了。。。

結局いつもこの扱いです。

いいですけど。フン。

それにしても。

普通に当たり前のことがそうじゃないけん、面白いよねーニッポンは☆

春雨入り茶碗蒸し、食べてみてください(^^)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
いや、春雨、普通だし!
箸、普通だし!

あご野焼きは週1で食べてたし!
いちご
2010/07/27 23:38
へ〜ぇ!!!!!!!!!
茶碗蒸しにうどん。茶碗蒸しに春雨。
初耳!確かに食文化はおもしろい。同じ国でも地域によってはもちろん、家庭によっても違うしね。
本当に知らないことが多すぎるなぁって思うね。豆知識をありがとー!
perro
2010/07/29 11:06
>いちご
普通だが!
あごのやきはちょっと贅沢品だったけん、そんなに食べてないけど。
わっしょい米子!

>perro
知らないことがたくさんだよね〜。
同じ県でもだいぶ違うしね。やっぱり食は興味深いわ〜。
クラッパ!
2010/07/29 23:07
クラッパさんこんにちは!

我が家でも春雨、普通ですって!

そのときのケンミンショーを見たとき
「え!?よそでは春雨入れないの!?」って私も衝撃でした(笑)

逆に福岡出身の母は納得した様子で
こちらへお嫁に来た当初「茶碗蒸しの春雨」には衝撃を受けたらしいのですが
祖母が入れていたから、真似をして入れるようになって、今に至るらしいです。

家庭や地元で当たり前にしてきたことって
誰かから指摘されるまで意外と分からないもんですよねー(^^)
たみ
2010/07/31 14:56
>たみさん
やっぱ普通ですよねw
さすが米子人(笑)。
東京にいると、鳥取のいろんなことが新鮮みたいで、面白がられますよ〜。まず鳥取の人間自体が貴重ですから(笑)。
クラッパ!
2010/08/01 23:28

コメントする help

ニックネーム
本 文
鳥取県民の証 日々是コント/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる