日々是コント

アクセスカウンタ

zoom RSS ハイレベルピカソ

<<   作成日時 : 2008/11/30 23:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

ピカソが来とるんですよ。

ギロッポンに。

12/14(日)までおるんですよ。

ヒルズあたりに。

ってことで行ってきました。




六本木ヒルズ内のサントリー美術館と。

向いの国立新美術館で同時開催。

入場者はどうやら20万人を超えたようです。

それが多いのかどーなのかはよくわかんないけども。

その中の一人なわけです、わたすは。




国立新美術館は18時まで。

サントリー美術館は20時まで。

それをすっかり勘違いして。

比較的時間の余裕があるサントリーの方を先に見てしまったため。

その流れで国立新美術館に行った私は。

最後かなーりかけ足になってしまうというオチでした。

それだけが悔やまれます。




そして。

見た感想といえば。




「よくわかんない」(・Д・)



いやーこの言葉につきます。

なんじゃそれってお思いでしょうが。

終始ちんぷんかんぷんでした。

教養がないもんでね。

でも鑑賞しとる周囲のひとたちは。

「あ、これすごいね。」

とか言っててさ。

「え、どの辺が!?」と心の中で突っ込みつつ。

時代背景と解説のパネルを頼りに見てました。




でもね、好きか嫌いかって言われたら。

嫌いじゃない。

どーして人の顔がこんなことになってしまうんだろうか。

この体の構造はなんなんだろうか。

そんなことに思いを巡らせていたらあっちゅーまに時間がすぎることでしょう。

そのくらい興味は惹きつけられ。

そして作品にもよりますが、カラフルな色の使い方は好きでした。




そして一番におもったことは。

ピカソは色男、ということ。

おまえは一体何を見てきたんだと怒られそうですが。

いやーいろんな女性が出てきてさ。

その都度その女性をモデルとしていて。

同じ「女性」でもすごく無機質なものとして描かれているものもあれば。

固有名詞をつけるとすごく愛情を感じるものとして描かれているものもあり。

彼の心情が表れているように感じました。

ま、パネルの影響をもろに受けてるだけですがw




絵のことなんぞよく知りもしない小娘ですが。

ハイレベルすぎて案の定「口ぽかん」の世界でしたが。

それでも貴重なものが見れてよかったっす。





しかしさめおさんや・・・

限界のない世界をつかむことはできなかったよ・・・。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
私も一番に思ったのは「なんじゃい、浮気ばっかして!」ということ。

国立新美術館に昨日行ってきました。
音声ガイド借りたよ。
でも500円は高いよな。

最後から2番目のミューズは「フランソワーズ・ジロー」。呼び出しはじろう。

一番面白かったのは自転車のサドルとハンドルを組み合わせただけの雌牛の頭のモニュメント。「自転車やん!!」


自由に生きようと思った。
あと、好きなものを絵に描いて残してやろうと思った。

鳥獣戯画のほうじ茶缶を買って帰った。
じろう
2008/12/11 20:38
あったねーもろ自転車のやつ。
近づいたり離れてみたりしてみたけど、自転車だった。
斬新すぎる。
落書きも無駄にはならんもんです。
世には無駄なものはきっとないんです。
きっと。
あ、満員電車以外。
クラッパ!
2008/12/15 22:39

コメントする help

ニックネーム
本 文
ハイレベルピカソ 日々是コント/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる